1年草の育て方植物

ジャノメブリタニアの育て方【初心者でも上手に育てる方法】

※本ページはプロモーションが含まれています

この記事ではジャノメブリタニアの育て方をまとめてあります。

ジャノメブリタニアってどんな植物?

どうやって育てるの?

などの質問にお答えします。

たま
たま

園芸歴15年の1級造園施工管理技士がお応えしますね!

ジャノメブリタニアの基本情報

ジャノメブリタニアの育て方
ジャメスブリテニア
科名ゴマノハグサ科
属名ジャメスブリテニア属

ジャノメブリタニアの特徴

寄せ植えや花壇、プランター、ハンギングのポイントに。

優しい雰囲気、淡いイエローのジャメスブリテニアです。

10~15㎝ほどで横に伸びていくタイプです。

パコパと近縁の植物ですが、耐暑性は強く

耐寒性はバコパより弱く、霜に当たると枯れてしまいます。

サンブリテニアというサマーバコパとして売られていたジャメスブリタニスの進化系品種があります。

ジャノメブリタニアの詳細情報

ジャノメブリタニアの育て方
ジャメスブリテニア
分類非耐寒性多年草
開花期春~秋
草丈25cm~
耐寒性やや弱い
耐暑性やや強い

ジャノメブリタニアの品種紹介

  • スターダム
  • ゴールドスターなど

ジャノメブリタニアの栽培環境

ジャノメブリタニアの育て方
ジャメスブリテニア

よく日の当たる場所の方が花付きが良いのよく日の当たる場所で育てて下さい。

半日蔭の場所にも適応します。

日当たり・置き場所

日当たりと風通しが良い場所で育てましょう。

日光が少ないと花付きが悪くなります。

用土

水はけの良い土が適しています。

過湿に弱いので、水の与えすぎには注意します。

ジャノメブリタニアの育て方のポイント


  • 切り戻しをして、直射日光を避けて涼しいところで管理します。

  • 軒下など霜の当たらないところにおきます。

水やり

土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。

冬はさほど生長しないのででやや乾かし気味に管理します。

肥料

肥料は春と秋に1回ずつやりましょう。

活力剤は以下の記事で以前紹介しました。ぜひ参考にしてください。

病害虫

あまりないようですが、夏場に蒸れることがあります。

その他

花がひととおり終わったら全体を切りつめると良いようです。

ジャノメブリタニアの育て方まとめ

花径は2㎝ほどの5弁の小さな花ですが、けっこう賑やかに咲いてくれます。

また、花期がとても長いのが特徴で、夏場を除き春から秋の終わりまで咲いてくれます。

話題の果樹フィンガーライム(森のキャビア)も一緒に育ててみませんか?。

コメントを残す