1年草の育て方植物

ストックの育て方【初心者でも上手に育てる方法】

※本ページはプロモーションが含まれています

この記事ではストックの育て方をまとめてあります。

ストックってどんな植物?

どうやって育てるの?

などの質問にお答えします。

たま
たま

園芸歴15年の1級造園施工管理技士がお応えしますね!

ストックの基本情報

ストックの育て方
ラブリーストック
学名Matthiola incana
英名Stock
科名アブラナ科アラセイトウ属
原産地南ヨーロッパ

SNSで見るストック

ストックの特徴

とても良い香りのする春の一年草『ストック』です。

寒さにも強く冬から春の寄せ植えや花壇に重宝します。

切り花としても有名です。

今回は、そんなストックの育て方をご紹介します。

ストックの詳細情報

ストックの育て方
ラブリーストック
分類 草花
高さ 20~80cm程度
耐寒性強い
耐暑性弱い

ストックの品種紹介

  • 一重品種
  • 八重品種
  • ラブリーストック

ストックの香り

ストックの香りはカーネーションの香りと似ていて、「オイゲノール」と呼ばれる、強い芳香が特徴

オイゲノール」はほどんどの香水に含まれる香りの要素とされ、ストックの香りはこの成分が50%近くも含まれていることが分かっています。

ストックの栽培環境

ストックの育て方
ラブリーストック

日当たりと水はけがよいことが大切です。

苗の内は乾燥や直射日光に弱いので半日陰にしましょう。

日当たり・置き場所

日当たりと風通しが良い場所が適しています。

用土

排水が良ければあまり選びません。

草花用の培養土でも大丈夫です。

ストックの育て方のポイント

直根性ですので植え付け等に注意しましょう。

水やり

乾いたらやりましょう。

冬は朝一番のほうが凍結しませんので、おすすめです。

肥料

植え付け時に元肥を混ぜれば、追肥の必要はありません。

活力剤は以下の記事で以前紹介しました。ぜひ参考にしてください。

病害虫

アブラムシなど。

その他

  • 種蒔き
    適温は20度くらいですので、パンジービオラなどと同じ時期に蒔くことができます。
    種で増やすこともできますが、八重咲きの花は種ができません。
  • 収獲
    花は切り花として楽しむことができます。

ストックの育て方まとめ

ストックは花持ちがよいため、切り花フラワーアレンジメントとして使用することに向いています。

甘い香りが長く続くという点も、切り花として人気の高い理由の一つです。

ストックは、比較的簡単に育てられるためガーデニング初心者にも人気が高いでしょう。

花壇や鉢植えなどで楽しまれています。

是非チャレンジしてみてください。

話題の果樹フィンガーライム(森のキャビア)も一緒に育ててみませんか?。

コメントを残す