植物の育て方や身近なことを記事にしています。
植物

ビオラの育て方【初心者】【栽培方法】【管理方法】

この記事ではビオラの育て方をまとめてあります。

ビオラってどんな植物?

どうやって育てるの?

などの質問にお答えします。

たま
たま

園芸歴15年の1級造園施工管理技士がお応えしますね!

ビオラの基本情報

ビオラ
植物名ビオラ
学名Viola x wittrockiana
英名Viola
和名ビオラ
科名スミレ科
属名スミレ属
原産地ヨーロッパ

ビオラの特徴

ビオラは春の一年草です。パンジーより小ぶりなものをビオラと呼びます。

初心者でも育てやすいので、ガーデニングの中心的存在です。

ビオラの詳細情報

分類草花
草丈20cm程度
耐寒性強い
耐暑性弱い
花色いろいろあります
開花時期10月から5月

ビオラの品種紹介

個人育種家のレア『ビオラ』たち

ビオラ

大手の種苗会社では、生産用に優秀な品種を選抜していきます。

個人育種家さんは珍しい品種を拾い上げて品種を固定していきます。

個人育種家さんのパンジービオラは色幅があったり、個性が強かったり。

大量生産をしていないので、希少ということでありきたりのものより近年人気があります。

ビオラの栽培環境

ビオラ結サーモン

よく日の当たる場所の方が花付きが良いのよく日の当たる場所で育てて下さい。

半日蔭だと間延びします。

日当たり・置き場所

日当たりのよい場所を好みます。

霜にも耐えます。

日当たりの良い南側がおすすめです。

用土

水はけの良い土が適しています。

一般的な草花の培養土で大丈夫です。

ビオラの育て方のポイント

水やり


冬は朝一番にやります。徒長したり、凍ったりするのを防ぐためです。

肥料


肥料はたくさん必要です。マグアンプやハイポネックスを定期的に与えましょう。

病害虫

あまり気になりませんが、アブラムシがつくことがあります。

ベニカXなどで対応しましょう。

風通しが良いほうが虫がつきにくくなります。

その他


種蒔きで育てます。

8月のお盆ごろに蒔きますが涼しい環境を好みますので、北側などがおすすめです。

場合によっては室内に入れましょう。

ビオラの育て方まとめ

秋からのガーデニングには欠かせない素材のビオラ。

庭植え鉢植えどちらにうえてもこんもりと春まで鑑賞できます。

冬は霜をさけてあげればさらによく楽しめます。

新しい品種がたくさん生まれていますので、これからも楽しみが多いビオラです。

コメントを残す